PR

庭に植えてはいけない木・植物リスト15: 繁殖力、害虫、縁起の観点から

雑記、コラム

庭を美しく保つためには、

植物の選定が非常に重要です。

 

しかし、すべての植物が

庭に適しているわけではありません。

 

特に「庭に植えてはいけない木・植物」として

知られる種類の植物があります。

 

これらの植物は、

見た目が美しくても、成長が早すぎる、害虫を引き寄せる、

または特定の条件下で繁殖力が強すぎるなど、

さまざまな理由で庭に悪影響を及ぼすことがあります。

 

このような植物を選んでしまうと、

後々の手入れが難しくなり、

他の植物や庭全体のバランスを崩す原因となります。

 

そこで、庭に植える前に知っておくべき

「植えてはいけない木・植物」の特性や影響を理解し、

適切な選択をすることが重要です。

 

この記事では、特に注意が必要な植物の特徴や、

それらを避けるためのポイントについて詳しく解説します。

 

これにより、美しく健康的な庭作りを

実現するための一助となるでしょう。

 

庭に植えない方が良い木や植物の特性

庭に植える木や植物を選ぶ際には、

単に見た目や花の美しさだけでなく、

それぞれの特性や影響を考慮することが重要です。

 

特に以下の特性を持つ木や植物は、

庭に植えることを避けるべきです。

 

これらの特性には、過剰な繁殖力、害虫の好まれる性質、

または周囲の植物や環境への影響が含まれます。

 

  • 繁殖力が強い
    繁殖力が強い植物は、あっという間に庭全体に広がり、
    他の植物の成長を妨げることがあります。
    これにより、庭の管理が難しくなるだけでなく、
    特定の植物が支配的になり、生物多様性が失われる可能性もあります。

 

  • 害虫や病気に弱い
    害虫や病気に弱い植物は、感染が広がりやすく、
    他の植物にも影響を与えることがあります。
    これにより、庭全体が病気にかかるリスクが高まるため、特に注意が必要です。

 

  • 根が侵食する
    一部の植物は根が広がりすぎて周囲の他の植物や構造物に影響を与えることがあります。
    これにより、庭のレイアウトや他の植物の健康が損なわれる可能性があります。

 

これらの特性を考慮することで、

庭に最適な植物選びができ、

長期的に見て美しく健康な庭を維持することが可能になります。

 

成長が早く繁殖力の強い木・植物4選

ドクダミ

ドクダミは強い繁殖力を持ち、

地下茎で広がる植物です。

 

ドクダミの葉は非常に強靭で、

他の植物と競争して生育することができます。

 

また、ドクダミは繁殖力が高いため、

一度植えると除去が難しく、

庭の他の植物に悪影響を与えることがあります。

 

繁殖力を抑えるためには、

定期的な手入れと管理が必要です。

 

タケ

タケは成長が非常に早く、繁殖力が強い植物です。

 

地下茎で広がり、急速に広範囲に拡がるため、

管理が難しくなります。

 

タケが庭に植えられると、

周囲の他の植物や庭のデザインに影響を与え、

根が他の植物の根と競争することになります。

 

繁殖力の強さにより、除去が難しく、

放置すると庭全体がタケに占拠されてしまうことがあります。

 

ミント

ミントも繁殖力が強い植物の一つです。

 

地下茎で広がり、

庭の他の植物と競争しながら急速に広がります。

 

ミントの広がりは、

特に小さな庭や花壇では問題になることがあります。

 

管理が難しく、適切に抑制しないと、

あっという間に庭全体を覆ってしまうことがあります。

 

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシも繁殖力が強く、

急速に広がる植物です。

 

自家種子で繁殖しやすく、

一度庭に植えると短期間で広がることがあります。

 

ナガミヒナゲシは他の植物との競争が激しく、

庭全体を支配する可能性が高いです。

 

管理が難しく、

放置すると庭の美観が損なわれることがあります。

 

虫がつきやすい木・植物6選

サクラ

サクラは美しい花を咲かせるため、

多くの庭で人気がありますが、虫がつきやすい植物の一つです。

 

サクラの木には、アブラムシやカイガラムシなどが集まりやすく、

これらの害虫がサクラの葉や枝を食べてしまうことがあります。

 

特に新芽や若い葉に被害が出やすく、

放置すると木全体が弱ってしまいます。

 

また、虫の影響で病気も引き起こされることがあるため、

定期的なチェックと適切な対策が必要です。

 

ヒメリンゴ

ヒメリンゴは可愛らしい果実をつけるため、

庭に植えると魅力的ですが、

アブラムシやうどんこ病などが発生しやすい植物です。

 

ヒメリンゴの葉や実に害虫がつくと、

果実の品質が低下し、全体の健康が損なわれることがあります。

 

特に湿気の多い環境や管理が不十分な場合には、

これらの問題が深刻化する可能性があります。

 

サザンカ

サザンカも虫がつきやすい植物の一つです。

 

特にツツジグンバイムシやカイガラムシがサザンカの葉や花に寄生し、

葉が変色したり、花が落ちたりすることがあります。

 

サザンカは一般的に強健な植物ですが、

害虫の影響を受けると、見た目が悪くなり、

健康にも悪影響を及ぼします。

 

ハナミズキ

ハナミズキは美しい花が特徴ですが、

アブラムシやハダニがつきやすい植物です。

 

これらの害虫は、葉や枝を食害し、

木全体の成長に影響を与えることがあります。

 

また、ハナミズキは病気にもかかりやすく、

害虫の被害が拡大すると、病気のリスクも高まります。

 

定期的な防除が必要です。

 

ウメ

ウメの木も害虫の影響を受けやすいです。

 

特にウメの木には、ウメシンクイムシやウメノミガが寄生しやすく、

これらの害虫は葉や実を食害することがあります。

 

害虫の被害により、実が落ちたり、

果実の品質が低下したりすることがあるため、

適切な管理と防除が必要です。

 

ミカン

ミカンの木も害虫がつきやすいことで知られています。

 

特にミカンの実には、

ミカンハダニやアブラムシが寄生することがあります。

 

これらの害虫は果実に傷をつけたり、

品質を低下させたりします。

 

また、ミカンは病気にもかかりやすく、

害虫による被害が病気の原因になることがあります。

 

防除対策を講じることが大切です。

 

縁起が悪いとされる木・植物5選

アジサイ

アジサイは美しい花を咲かせるため、

多くの庭で人気がありますが、

縁起が悪いとされることがあります。

 

特に、アジサイの花は水分を多く含むため、

「水に沈む」と言われることがあり、

これが縁起が悪いとされる理由です。

 

また、アジサイは花がすぐに落ちることがあり、

そのため不吉な象徴とされることもあります。

 

クチナシ

クチナシは香りが良く、美しい花を咲かせる植物ですが、

縁起が悪いとされることがあります。

 

クチナシの花が咲かないと、

「幸運がない」と言われることがあり、

そのため縁起が悪いとされています。

 

また、クチナシは過湿に弱いため、

適切な管理が必要です。

 

クロユリ

クロユリは珍しい花を咲かせる植物ですが、

縁起が悪いとされることがあります。

 

特に、黒い花が不吉な象徴とされることがあります。

 

クロユリの花の色が暗いため、

運気が下がると考えられることがあります。

 

これにより、庭に植えるのは避けられることがあります。

 

カタクリ

カタクリは美しい花を咲かせますが、

縁起が悪いとされることがあります。

 

特に、カタクリの花が枯れやすいことが

不吉な象徴とされることがあります。

 

また、カタクリは生育が難しいため、

管理が難しいことも影響しています。

 

これにより、庭に植えることが避けられることがあります。

 

シクラメン

シクラメンは美しい花を持つ植物ですが、

縁起が悪いとされることがあります。

 

特に、シクラメンの花が枯れると

「不幸の前兆」とされることがあります。

 

また、シクラメンは乾燥に弱いため、

管理が難しく、不吉な象徴とされることがあります。

 

庭に植える際には、これらの点を考慮する必要があります。

 

まとめ:植える前の確認と管理の重要性

庭に植物を植える際には、その特性や影響をよく理解し、

適切な管理を行うことが重要です。

 

特に、虫がつきやすい植物や成長が早い植物、

縁起が悪いとされる植物には注意が必要です。

 

これらの植物は、美しい庭を作るための障害となる可能性があり、

管理が不十分だと長期的に見ると手間がかかることがあります。

 

庭に植える植物を選ぶ際には、これらの特性を考慮し、

自分の庭の条件に適した植物を選ぶことが重要です。

 

特に害虫や繁殖力の強い植物は、

定期的な手入れと管理が必要です。

 

また、縁起が悪いとされる植物については、

文化や信仰に基づいて選ぶことが求められることもあります。

 

正しい選択と管理を行うことで、

美しく健康的な庭を作ることができ、

長期的に楽しむことができます。

 

これにより、手間を減らし、

庭の美観を保つことができます。