花はどこで買う?花屋さんだけではない!花を売っている場所の選び方、メリット・デメリット

花はどこで買う?花屋さんだけではない!花を売っている場所の選び方花の豆知識

お花って色んな場所で売っていますが、いざ買うとなるとどこで買えばいいのか迷いますよね。

ひとことで「お花屋さん」といっても、実は扱っているお花の種類には違いがあるものです。また、お花屋さん以外にもお花を扱っている場所はたくさんあります。

あなたの趣味嗜好やライフスタイル・購入の目的にあったお花に出会うためには、まずは購入する場所を選ぶところから始めることが大切です。

この記事では、お花屋さんを選ぶときのポイントやお花屋さん以外にお花を売っている場所の特徴などをまとめてみました。

花屋さんの種類

花屋さんの種類

「お花」といっても種類も用途も豊富です。それを扱うお花屋さんにもそれぞれ得意分野があります。

購入目的によって得意なお花屋さんを選ぶことができれば間違いのないお花と出会えますね。

以下にお花屋さんの特徴をまとめてみました。お花屋さんを分野別にジャンル分けするのは難しいのですが参考にしてください。

 

切り花店か園芸店

一般的には切り花を主に扱っているお店を「お花屋さん」と呼ぶことが多いかもしれません。切り花が得意なお店と鉢物が主体の園芸店を外観などから見分けるのは難しいことが多いです。

しかし、この違いは意外と大きな違いなんです。見た目は似ていても、仕入れなどの流通も違いますし、必要な知識やスキルは全く別物なことも多いです。

切り花が得意なお店では、花束やアレンジメントなど贈り物(ギフト)を扱うことが多いはずです。

園芸(鉢物など)が得意なお店では、植物を育てることについての知識や経験が豊富なはずです。

切り花店では、育てるための肥料や道具などは扱っていないことが多いでしょうし、園芸専門店でギフトをお願いしても素敵なセンスを期待できないかもしれません。

もちろん、どちらも兼ね揃えた大型の花屋さんもあるのですが数は少ないと思います。

 

路面店か駅ビルやショッピングモール内のお店

お花屋さんを見た目で区別するのならば、例えば下の2つに分けられます。

  • 独立した建物で営業している「路面店」
  • 駅ビルやショッピングモール内のお店

独立した店舗は入りにくいという難点がありますね。

花屋さんというのは敷居が高いものですが、路面店のほうが敷地面積も大きいですから商品のバリエーションも豊富ですし、経験豊かなスタッフも多いはずです。

贈り物(ギフト)をお願いするなら路面店の常連さんになれば間違いのないものが贈れるのではないでしょうか。

駅ビル内などのお店の特徴は、入り口のドアなど仕切りがない点です。人通りが多いこともあり「敷居が高くて入りにくい」という花屋さんの難点を解消してくれます。

そのまま飾れるミニブーケなどの作り置き商品も置いてあるでしょうから、お家使いのお花を買うならオススメです。

ウィンドウショッピングをしながら一目惚れしたお花をお家に飾ってみるのも素敵ですね。

 

小売(ギフト)か冠婚葬祭などの仕事屋さん

実は、お花屋さんて店頭でお花を売っているだけではありません。

バックヤードや別の仕事場で冠婚葬祭などの仕事をしていることが多いです。こちらが収入の柱になっていることも多いんです。

具体的には、

  • お葬式のお花
  • 結婚式のお花
  • スーパーなどへ卸すパック花

などの仕事があります。

どの仕事を主にやっているかによっても、店頭に並ぶお花の種類や得意なサービスに違いが出てきます。

お葬式の仕事ではバラや草花系の花はあまり使いません。結婚式の仕事では菊など仏花に使うお花はあまり使いません。

スーパーなどに卸すお花は価格が安いことが大前提なので、等級などの品質は低めのお花を扱います。

同じ贈り物でも、お祝いに使うお花と葬儀や法要に使うお花では全く違う要素が必要になります。

このことを頭においてお花屋さんに行くと、品揃えなどの違いが分かるかもしれません。

 

花屋さん以外にお花を買える場所

花屋さん以外にお花を買える場所

最近ではお花屋さん以外にもお花を扱っている場所がたくさんあります。場所ごとにメリットやデメリットをまとめてみました。

お花を使う用途によっては「お花屋さん」で買うよりもオススメな場合もありますから参考にしてください。

 

スーパーやホームセンター

価格も安く手軽に購入できるのがスーパーマーケットやホームセンターの切り花コーナーですね。

入口付近にビニールでパックされて値段もついた状態で置かれているアレです。一束数百円の価格設定になっていますから自宅で飾るお花でしたらオススメです。

わざわざお花屋さんに買いに行かなくても、いつもの買い物のついでに購入できるのが最大のメリットですね。

ただし、売られている場所が切り花を置いておくには相応しくない環境なのが難点です。

スーパーなどの入り口付近は、空気の出入りが激しくて風が直接当たっていたりします。また、果物などから出るエチレンガス(植物の老化を早めるホルモン)の影響も受けてしまいます。

このため、古いわけではなくても弱っているお花が目立つことが多いです。

傷みがないかよく見てから購入するのはもちろん、購入後はしっかり水揚げしてから飾ってください。

 

JAや道の駅などの直売所

農産物の直売所でもお花が売られていますね。

生産者さんが直接持ち込んでくるのですから基本的には鮮度抜群です。価格のシールと一緒に、作った方の名前が表示されていたりしますから安心感もありますね。

通常の市場への出荷には適さない、いわゆるB級品が激安で売られていることも多いです。ご近所に直売所や道の駅などがあれば、ぜひ一度見に行ってみるといいですよ。

 

ネット通販

ギフト用のアレンジメントや花束・コチョウランなどを遠方に配送するならネット通販を利用するのもいいでしょう。(近くの花屋さんで注文しても、お届け先が遠方の場合はその花屋さんがお届けするわけではないですからね)

楽天市場のギフト用の花一覧

 

また、ご自宅用の切り花をネットで購入するのなら「産地直送」がオススメです。生産者と消費者を直接結ぶECサイトの中でも「食べチョク」が知名度が高いのでご存知かもしれませんね。

このサイト、食べ物がメインなのですが「お花」の産直コーナーもあり、バラやユリ・カーネーション・トルコキキョウなどの生産者さんから直接購入できます。

お花の産直はこちら

 

花のサブスク(定期便)

もうひとつ、手間いらずで「お花のある暮らし」を楽しみたい方にオススメなのが花のサブスク(定期便)です。

自宅のポストに直接届くお花は、そのまま飾れるようにアレンジされていますので、お花を飾る習慣がない方でも安心のサービスです。

実は私も試したことがあって、詳しくレビュー記事にしてありますので参考まで…

 

まとめ

花を買える場所:まとめ

花屋さんにも種類があってお店によって得意な分野が違います。

お花を購入する際は、

  • 切り花か鉢花か?
  • 自宅用か贈り物か?

最低、この2点は頭に入れて購入する場所(花屋さん)を決めるといいでしょう。

好みのお花は人それぞれなので、あなたにとって良いお花屋さんを選ぶには実際に購入してみるのが早道です。店員さんとの相性もありますし、いろんなお花屋さんに行ってみることをオススメします。失敗することもあるかもしれませんが、まずは自宅用に一本購入するところから初めてみてはどうでしょう!

コメント