家に飾るお花の買い方・選び方:初心者に多い疑問9つにお答えします

家に飾る花の買い方・選び方:初心者に多い疑問9つ 花の豆知識

お家にお花が飾られていれば癒しになるしオシャレで素敵ですね。

でも、一般的に「敷居が高くて入りにくい」というイメージが強いのがお花屋さんです。ですから、お花屋さんでお花を買ったことがない人は多いはず!

今回の記事では、

「お花を飾ってみたいけれど、お花の買い方や選び方が分からない」

そんな疑問をいくつか細かくポイントに分けてお答えしていこうと思います。

お花ってどこで買う?

お花ってどこで買う?

お花を売っているのはお花屋さんだけではありません。自宅で飾るためのお花であれば購入できる場所は他にもあります。

ママ
ママ

私は、買い物ついでにスーパーで買うこともあるわよ。

パパ
パパ

お家用ならJAの直売所なんかもオススメだよね。

お花を買うことに慣れていなくて、お花屋さんに入りにくいというのならば、スーパーや直売所のお花を使ってみるのも手軽な方法です。

ただし、お花屋さんで購入するのと違って、お花についてのアドバイスなどは聞けません。お花の名前も書かれていないことが多いです。

ママ
ママ

スーパーだと傷んでいるお花が混ざっていることもあるしね。

パパ
パパ

できれば、お花屋さんで買ってほしいなぁ~

お花のことをいろいろと覚えられると思うんだ♪

お花屋さんでは、価格は少し高めかもしれませんがお花の種類は間違いなく多いです。店員さんとお話しながら好みのお花を見つけてください。

お花のことに慣れてきたら、いろいろな場所でお買い得品を探してみるのも楽しいと思います。

 

1本だけで買えるの?

お花は1本だけでも買えるの?

ママ
ママ

お花屋さんって、1本だけでも買えるわよね?

パパ
パパ

もちろん買えるから安心してね!

お花屋さんでは1本から購入できるのが基本です。お花屋さんに入って、「好きなお花」や「気に入ったお花」を見つけたら遠慮せずに1本だけ購入してみましょう。

名前が分からなくても、「このお花を1本ください!」ってお願いすればOKです。

 

勝手にお花に触ってもいい?

勝手にお花に触ってもいいの?

ママ
ママ

お花が折れちゃうと大変だから、私は触らないようにしているわ。

パパ
パパ

お花屋さんとしては、そうしてくれるとありがたいね♪

スーパーや直売所で売られているお花は、販売単位ごとにセロファンの袋に入っていますから、ご自分で手に取ってレジまで運ぶのが通常です。

しかし、お花屋さんではお花の種類ごとにバケツや花瓶に入っていて、ショーケースの中などに置かれていることが多いです。

上手に取り扱わないとお花を傷めてしまうので、お花屋さんでは勝手にお花に触らないようにしてください。

必要なときは、遠慮なく店員さんにお願いしてくださいね!

 

新鮮なお花の見極め方は?

新鮮なお花の見分け方

お花が新鮮かどうかは、いろいろなチェックポイントがあります。また、お花の種類によっても見るべき場所は違ってきます。

葉っぱが元気でみずみずしいか、茎の切り口が傷んで変色していないか、など…

ママ
ママ

これは難しくって分からないわ(T_T)

パパ
パパ

でも、心配しなくっていいよ!

このお花は新しいですか?」って聞いちゃえばいいからね♪

お客さんが新しいお花を欲しがるのは当然です。お花屋さんも嫌がらずに教えてくれるはずですから安心してください。

また、お花屋さんの切り花の仕入れは毎日ではなく月・水・金曜日が基本です。今日仕入れたお花でなくても2~3日中のものであれば新鮮なお花だと判断してください。

 

つぼみのお花と満開のお花、どちらを選ぶ?

つぼみのお花と満開のお花、どちらを選ぶ?

ママ
ママ

もちろん、つぼみのお花を選ぶべきじゃないの?

パパ
パパ

基本はそれでいいと思うけど、咲いている方がいい場合もあるんだよ。

 

お花を飾る目的によって

自分で楽しむだけならば、できるだけ長持ちしたほうがいいですね。その場合はつぼみが多くてあまり咲いていないお花を選ぶべきでしょう。

しかし、お客様をもてなす時や誕生日など、決まった日に一番キレイな状態にしたければ、若干開いたお花や満開に近いお花を選んだほうがいい場合もありますね。

 

お花の種類によって

カーネーションなど、もともと咲いた状態のお花も多いです。バラなども仕入れの時点である程度咲いていることもあります。これは硬いつぼみの状態だと綺麗に咲かないことがあるからです。

これとは逆に、ユリやフリージアなどは咲いてしまうと花びらが傷みやすいので、仕入れの時点ではとても硬いつぼみの状態が多いです。

お花の新鮮さは つぼみか満開か では一概に判断できません。

パパ
パパ

これも店員さんに相談すれば目的によって適したお花を選んでくれると思うよ。

ママ
ママ

そうね、困ったら聞いてみればいいのね♪

 

簡単なお花の組み合わせって?

簡単なお花の組み合わせって?

ママ
ママ

お花を選ぶときに、組み合わせって難しいわよね。

パパ
パパ

いくつかパターンがあるから覚えておくと便利だよ♪

同じ種類の色違いて揃える

同じ種類のお花でも何色かバリーエーションがあることがあります。バラやカーネーション・チューリップなどにしても、赤やピンク・白・黄色など何色もあります。

普通は色違いで組み合わせるのは難しいこともありますが、同じ種類同士のお花ならば全く違う色でも素敵に飾れます。

 

同じ色のお花で揃える

種類が違っても、色が同じならば素敵な組み合わせになります。

全く同じ色ではなくても、似たような色で組み合わせるとより一層深みが出てオシャレな雰囲気になります。青と青紫・赤と赤紫・濃いピンクと薄いピンクのような感じで色合わせを楽しんでみてください。

 

グリーンの葉っぱや枝物と組み合わせる

花屋さんにはお花以外にもグリーンの葉っぱや枝物が用意されています。

グリーンの葉っぱや枝物は、どんなお花とも相性が良くオシャレな組み合わせになります。お花を引き立ててくれるので、種類や本数が少なくても素敵に飾れます。

 

パパ
パパ

慣れないうちは、好きなお花をひとつ選んで店員さんに組み合わせを選んでもらうのがいいと思うよ。

ママ
ママ

そうね、最初はお花屋さんにお任せしてみるわ♪

 

「長さはどうしますか」って聞かれたら?

「長さはどうしますか」って聞かれたら?

お花屋さんで切り花を買うと「長さはどうしますか?」って聞かれると思います。

そんなときは、飾る花瓶のサイズに合わせて切ってもらうようにしましょう。基本的には花瓶の高さの2~2.5倍程度の高さで活けると格好良く飾れます。

ママ
ママ

花瓶の大きさを調べてから買いに行ったほうがいいのね。

パパ
パパ

花瓶の形も参考になるから、写真を撮っていくのもいいと思うよ。

花瓶のサイズや形をお花屋さんに伝えれば、飾り方のアドバイスをしてもらえますからオススメです。また、そのまま花瓶に挿せるように格好良く束ねてもらえば、飾る手間も省けて楽ちんですね♪

 

長持ちするお花ってどれ?

長持ちする花ってどれ?

花屋さんに尋ねる時、意外と嫌がられる質問がコレ!

「このお花は長持ちしますか?」

ついつい聞いてしまいがちな質問ですが、お花屋さんとしては困ってしまうんです。なぜかっていうと、お花屋さんで売られている切り花は、基本どれでも長持ちだからです。日持ちのしない種類のお花は切り花としては出回らないのが普通です。

もし聞くのであれば、

「このお花を長持ちさせるにはどうしたらいいですか?」

と聞いてみてはいかがでしょうか。これならば、お花を長く楽しむための方法をいろいろと教えてもらえると思います。

 

お花を持ち帰るときの注意点は?

お花を持ち帰るときの注意点は?

お花はとてもデリケートです。持ち帰る際も優しく細心の注意を払って運んでほしいです。

また、長時間持ち運ぶ場合は切り口を保水してもらいましょう。

茎の切り口が乾いた状態が長時間続くとお花は弱ってしまい、飾った後の日持ちも短くなってしまいます。

パパ
パパ

お花屋さんに「持ち帰るのに〇〇時間かかるのですが…」

と伝えてもらえば、適切な保水処理をしてくれます\(^o^)/

ママ
ママ

ケーキを買って、保冷剤を入れてもらうのと同じね!

まとめ

自宅に飾るお花を買うのも慣れないと難しいものです。

お花の買い方や選び方にはいくつかの注意点がありますが、一番大切で簡単なのは花屋さんとのコミュニケーションです。

お花屋さんのお馴染みさんになって、いろいろと教えてもらってください。お気に入りのお花屋さんができれば、お家にお花のある暮らしがより一層楽しめると思います。

 

ps:お花のある暮らしを始めるならコレ!

我が家は、あまり自宅にお花を飾っていなかったのですが…

ママ
ママ

花屋さんに勤めてるのに全然お花買ってこないわね。

パパ
パパ

お花って持ち歩くの大変なんだよね。

徒歩通勤だしさぁ(T_T)

お花は飾りたいけど面倒くさがり屋の私です。

いろいろと調べてみると、自宅のポストに届くお花の定期便があることを知りました。

始めてみると、これがとっても便利で大満足。

ズボラな私でも気軽に続けられるので、毎日お花のある暮らしを楽しんでいます。

【お花の定期便】私の体験レビューはコチラ!

 

花の豆知識
スポンサーリンク
花みっけ♪

コメント