PR

アスターの切り花を長持ちさせるための家庭でできる方法

雑記、コラム
アスターは、その美しい花姿と
 
多様なカラーバリエーションで、
 
多くの人々に愛されている花です。
 
ガーデニングやアレンジメントの一部としてだけでなく、
 
切り花としても非常に人気があります。
 
この記事では、
 
アスターの切り花について詳しく解説し、
 
その管理方法や飾り方、
 
長持ちさせるためのポイントを紹介します。
 
アスターの切り花を購入して、
 
自宅でその美しさを楽しむための
 
ヒントを提供しますので、
 
ぜひ参考にしてください。
 

アスターの切り花の特徴

アスターは、

非常にバラエティに富んだ花です。

 

その特徴の一つは、

花の形状と色の多様性です。

 

アスターには、一重咲き、半八重咲き、八重咲きなどの

異なる咲き方があります。

 

花の形状だけでなく、色も豊富で、

白、ピンク、紫、青など、

さまざまな色合いが揃っています。

 

この多様性により、アスターはどのような

フラワーアレンジメントにも適しており、

特にブーケや花束にすると美しさが際立ちます。

 

さらに、アスターは

比較的長持ちする切り花としても知られています。

 

適切な管理を行えば、

1週間以上楽しむことができます。

 

アスターの茎は細く、

花がスプレー状につくことが多いため、

アレンジメントやブーケの中で

他の花材と組み合わせるのに非常に便利です。

 

また、仏花としても用いられることがあるため、

日本の伝統的な行事にも適しています。

 

アスターの切り花の基本データ

別名

エゾギク

分類

キク科エゾギク属

原産

中国

サイズ

約30〜80cm

販売価格

100〜300円

出回り時期

5月〜7月

 

※この図鑑を参考にしています

 

アスターは、中国を原産とするキク科の植物で、

その美しい花姿から「エゾギク」という別名でも知られています。

 

アスターの茎は約30〜80cmと幅広いサイズがあり、

花の大きさも小輪から中輪までさまざまです。

 

これにより、異なる用途やアレンジメントに

対応できる柔軟性があります。

 

販売価格は非常に手頃で、

1本あたり100〜300円程度で購入できます。

 

特に出回り時期は5月から7月にかけてで、

この時期には市場や花屋で豊富に見つけることができます。

 

アスターの切り花の管理方法

長持ちさせる水揚げ

アスターの切り花を長持ちさせるためには、

適切な水揚げが不可欠です。

 

水揚げとは、切り花を新鮮な水に浸し、

茎から水を吸収させることを指します。

 

以下の手順で行うと良いでしょう。

 

  • 茎を斜めにカット:
    切り花用の専用ハサミを使い、茎を斜めにカットします。
    斜めにカットすることで、水を吸収する面積が広がり、花が長持ちします。

 

  • ぬるま湯を使用:
    冷たい水ではなく、少しぬるま湯を使用することで、
    茎が水を吸いやすくなります。

 

  • 水揚げ時間:
    最低でも1時間は水に浸しておきます。
    これにより、花がしっかりと水を吸い上げ、新鮮さを保ちます。

 

長持ちさせる管理方法

水揚げが終わったら、以下の管理方法を守ることで、

アスターの切り花を長持ちさせることができます。

 

  • 涼しい場所に置く:
    直射日光を避け、涼しい場所に置くことで、
    花の寿命を延ばすことができます。

 

  • 水替え:
    毎日、水を新鮮なものに替えることが重要です。
    水が汚れると、バクテリアが繁殖し、花が早く傷んでしまいます。

 

  • 不要な葉の整理:
    葉が水に浸ると腐敗しやすくなります。
    茎の下部にある不要な葉は取り除き、水の清潔さを保ちます。

 

  • 延命剤の使用:
    市販の切り花用延命剤を使用することで、
    花の持ちがさらに良くなります。

 

アスターの切り花の飾り方

アスターの切り花は、その多様な形状と色合いを生かして、

さまざまな飾り方が楽しめます。

 

特に、以下のポイントを押さえることで、

美しく飾ることができます。

 

  • バランスを考える:
    アスターはスプレー状に花がつくため、
    他の花材とバランスよく組み合わせることが大切です。
    中心に大きな花を配置し、周りにアスターを配置することで、
    全体のバランスが整います。

 

  • 高さを変える:
    花瓶に入れる際、アスターの茎の長さを変えることで、
    立体感を出すことができます。
    高低差をつけることで、自然な感じに仕上がります。

 

  • 色の組み合わせ:
    アスターはカラーバリエーションが豊富なので、
    他の花材との色の組み合わせを工夫することで、
    より華やかなアレンジメントが完成します。

 

アスターの花言葉

アスターの花言葉は、

「愛の信頼」「思い出」「追憶」などがあります。

 

これらの花言葉は、

アスターが古くから愛されてきた理由の一つです。

 

贈り物としても非常に適しており、

大切な人へのプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

 

アスターの雑学、豆知識

  • アスターの名前の由来:
    アスターという名前は、ギリシャ語の「星」を意味する
    「アステール」に由来しています。
    星の形をした花姿がその名の由来です。

 

  • 歴史的背景:
    アスターは古代ギリシャやローマで愛され、
    特に祭典や儀式の際に使われていました。

 

  • 種類の多さ:
    アスターには約600種類以上の品種が存在します。
    それぞれが異なる色や形状を持っており、
    選ぶ楽しさがあります。

 

  • 耐寒性:
    アスターは比較的耐寒性があり、
    冬でも元気に育つ品種もあります。

 

  • 薬用効果:
    一部のアスターは、古代中国で薬用植物として
    使用されていた記録があります。

 

アスターのQ&A

Q1: アスターの切り花はどのくらい持ちますか?

アスターの切り花は、適切な管理を行えば、

1週間から10日程度持ちます。

 

Q2: アスターの切り花はどこで購入できますか?

アスターの切り花は、

花屋やスーパー、ホームセンターなどで購入できます。

 

また、オンラインショップでも取り扱いがあります。

 

Q3: アスターの切り花の水揚げ方法は?

茎を斜めにカットし、

ぬるま湯に浸けることで水揚げが効果的に行えます。

 

Q4: アスターの切り花に適した花瓶は?

アスターの切り花は、

細長い花瓶や広口の花瓶に適しています。

 

高さや形状に合わせて選びましょう。

 

Q5: アスターの切り花は他の花材とどう組み合わせると良いですか?

アスターは、バラやリシアンサス、

スイートピーなどと相性が良いです。

 

色や形のバランスを考えて組み合わせると

美しいアレンジメントが完成します。

 

まとめ

アスターの切り花は、その美しさと多様性から、

多くの人々に愛されています。

 

この記事では、アスターの切り花の特徴や管理方法、

飾り方について詳しく解説しました。

 

特に、長持ちさせるための

水揚げや管理方法を実践することで、

アスターの美しさを長く楽しむことができます。

 

アスターの切り花を自宅に飾って、

その華やかな雰囲気を楽しんでみてください。