ナノハナの切り花:桃の節句に欠かせない、花瓶でも成長を続ける力強さ|飾り方・花言葉は?

ナノハナの切り花 切り花図鑑

ナノハナとはアブラナ科の花の総称。切り花で使われる「ナノハナ」はチリメンハクサイを改良した品種で葉っぱが縮れているのが特徴です。

黄色い花と黄緑色の葉っぱのコントラストが綺麗な春を代表する草花です。年が明けると花屋さんの店頭で見かけることがお多くなり春の訪れを感じることができます。

スポンサーリンク

ナノハナの切り花、飾り方や日持ちは

ナノハナの切り花、飾り方や日持ちは

3月3日の桃の節句には、桃と合わせて飾るのが定番ですね。ピンクと黄色が春らしくて素敵です。

茎の太いものは花瓶に飾るのがいいですが、茎の細いナノハナはオアシスに挿して、チューリップやスイートピーなどと合わせてアレンジするのも可愛らしくていいですね。

比較的日持ちも良いので1週間位は楽しめるでしょう。

 

ナノハナの切り花、水揚げ方法と管理の注意点

ナノハナの切り花、水揚げ方法と管理の注意点

ナノハナは水揚げも良いので普通に水切りするだけで長く楽しめます。しかし、水を多く吸ってしまうので花瓶の水の量はこまめにチェックしてください。

他の花と比べると驚くくらいに水を吸いますので…

また、咲き終わったお花はこまめに取り除いてください。咲いている花に悪影響を及ぼして傷みの原因にもなりますし、花びらが散って周囲を汚してしまいます。

葉っぱも下の方から順番に傷んできます。黄ばんできた葉っぱは早めに取り除くのも長く楽しむためには必要です。

 

花瓶に飾っていても茎が伸び続ける

花瓶の水をたっぷり吸ってしまうナノハナは、切り花の状態でも成長を続けます。

毎日数センチづつ茎が伸び続けて、買ってきたときの倍近くの長さになってしまうこともあるんです。

飾るときは茎が長くなることを想定して活けるか、こまめに切り戻して形を整えましょう。

また、お花屋さんで売られているときは蕾の状態で、黄色い色すら出ていないこともあるかもしれません。しかし、これも成長しながら必ず咲いてくれますから心配は無用です。

 

ナノハナの花言葉

ナノハナの花言葉は「活発」「豊かさ」「財産」

 

ナノハナの切り花、基本データ

別名:花菜(ハナナ)、菜花(ナバナ)
分類:アブラナ科アブラナ属
原産:東アジア、ヨーロッパ
サイズ:30~120センチ程度
花サイズ:小輪
販売価格:150~300円
出回り時期:12月~3月

参考資料:花屋さんで人気の469種「花図鑑」

 

まとめ

  • ナノハナはアブラナ科の総称
  • 桃の節供には欠かせない黄色いお花
  • 花持ちは良く、花瓶に挿しても尚成長を続ける

ナノハナは、春を感じる季節のお花の代表格です。花屋さんで見かけたら是非購入して春を感じてみませんか?

コメント