PR

長持ちする夏の切り花おすすめ15:暑さに強い花の選び方とアレンジメントのコツ

雑記、コラム

夏の暑さが厳しい季節、

花を飾ることが少なくなることはありませんか?

 

暑さで切り花がすぐにしおれてしまうため、

飾るのをためらう方も多いでしょう。

 

しかし、夏でも長持ちする切り花を選ぶことで、

暑さに負けず美しい花を楽しむことができます。

 

この記事では、

夏の暑さに強いおすすめの切り花を紹介し、

その魅力や特徴、

長持ちさせるコツについて詳しく解説します。

 

暑い季節でも花のある生活を楽しみたい方に、

ぜひ参考にしていただきたい情報が満載です。

 

夏におすすめの切り花の特徴

夏におすすめの切り花には、

いくつかの共通する特徴があります。

 

まず、

暑さや湿度に強いことが挙げられます。

 

高温多湿な環境でも、

花びらや茎がしっかりとしている花は、

長持ちしやすいです。

 

また、

水分を保つ能力が高い花もおすすめです。

 

こうした花は、

茎の太さや葉の大きさからも

見分けることができます。

 

さらに、病気に強く、

虫がつきにくい花も夏に適しています。

 

例えば、

トルコキキョウやアルストロメリア、

アンスリウムなどは、

これらの条件を満たしており、

夏でも美しく咲き続ける切り花として人気です。

 

夏の暑さに強い切り花とは?

夏の暑さに強い切り花を選ぶことで、

暑い季節でも美しい花を長く楽しむことができます。

 

暑さに強い切り花には、

いくつかの共通する特徴があります。

 

まず、

暑さや湿度に耐える能力が高いことです。

 

こうした花は、

高温多湿な環境でもしおれにくく、長持ちします。

 

また、水分をしっかりと保つ能力があり、

乾燥しにくいことも重要です。

 

さらに、病気に強く、

虫がつきにくい花も夏に適しています。

 

以下では、

夏の暑さに強いおすすめの切り花を紹介します。

 

トルコキキョウ

トルコキキョウは、

暑さに強い花の代表格です。

 

さまざまな色や形があり、

長い期間楽しめるのが魅力です。

 

特に、暑さに強いだけでなく、

花びらがしっかりとしていて美しい花を咲かせるため、

夏の切り花として非常に人気があります。

 

また、トルコキキョウは花の耐久性が高く、

水をしっかりと吸収するため、

夏の暑さにも負けず長持ちします。

 

色とりどりのトルコキキョウを使ったアレンジメントは、

夏の室内を華やかに彩ります。

 

アルストロメリア

アルストロメリアは、

エレガントな見た目と長持ちする特性で人気があります。

 

切り花にしても美しさを長く保つことができるため、

夏の花として最適です。

 

特に、アルストロメリアは

水分をしっかりと吸収する能力が高く、

乾燥にも強いため、暑い季節にも長持ちします。

 

花びらの模様や色のバリエーションが豊富で、

アレンジメントに取り入れると華やかさが増します。

 

ユリ

ユリは、大ぶりで華やかな花を咲かせるため、

夏の切り花として重宝されます。

 

特に、カサブランカなどの品種は、暑さにも強く、

香りも楽しめるのでおすすめです。

 

ユリはしっかりと水を吸い上げることで、

長期間楽しむことができます。

 

ユリの花は一輪でも存在感があり、

アレンジメントの主役として活躍します。

 

アスター

アスターは、

暑さに強い花として知られています。

 

鮮やかな色合いと丈夫な茎が特徴で、

夏の暑さにも負けずに美しい花を咲かせます。

 

アスターは、切り花としても長持ちしやすく、

夏のアレンジメントに取り入れることで、

色鮮やかなアクセントを加えることができます。

 

花の形もさまざまで、

レンジメントの幅が広がります。

 

ヒマワリ

夏の花と言えばヒマワリです。

 

大きな花と鮮やかな黄色が特徴で、

見るだけで元気をもらえる花です。

 

ヒマワリは暑さに非常に強く、

太陽の下でも美しさを保ちます。

 

切り花としても長持ちしやすく、

夏のアレンジメントにぴったりです。

 

特に、「東北八重」などの品種は、

耐久性が高く、夏の暑さでも長持ちします。

 

7月の旬の切り花

ダリア

ダリアは、7月の代表的な旬の切り花で、

その華やかな花姿と豊富な色彩が魅力です。

 

切り花としては、

適切な管理をすれば1〜2週間持ちます。

 

特に、茎を斜めにカットし、

水を新鮮に保つことが大切です。

 

ルリタマアザミ

ルリタマアザミは、球状の青い花が特徴で、

夏の暑さに強く長持ちする切り花です。

 

涼しげな印象を与えるため、

夏のアレンジメントに最適です。

 

花瓶の中で約2週間持ちます。

 

サンタンカ

サンタンカは、鮮やかな赤い花が特徴で、

夏の切り花として人気があります。

 

暑さに強く、長持ちするため、

フラワーアレンジメントに最適です。

 

花瓶の中で約1週間持ちます。

 

ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリは、ヒマワリに似た小さな花が特徴で、

暑さに強く長持ちする切り花です。

 

切り花としては、

適切な管理をすれば1〜2週間持ちます。

 

8月の旬の切り花

8月は夏のピークであり、旬の切り花も豊富です。

 

この季節には、暑さに強く、

鮮やかな色合いの花々がたくさんあります。

 

以下に、8月の旬の切り花を紹介します。

 

クルクマ

クルクマは、トロピカルな雰囲気を持つ花で、

夏の暑さにも強いです。

 

切り花としても長持ちし、

美しい花を長期間楽しむことができます。

 

エキゾチックな見た目と独特の花形が特徴で、

アレンジメントに新鮮な風を吹き込みます。

 

アンスリウム

アンスリウムは、暑さに非常に強い花で、

通年を通じて入手可能です。

 

切り花としても長持ちし、

エキゾチックな美しさを楽しむことができます。

 

鮮やかな赤やピンクの花が特徴で、

アレンジメントに取り入れると

鮮やかなアクセントになります。

 

グラジオラス

グラジオラスは、夏の花として人気があり、

切り花としても長持ちします。

 

暑さに強く、大きな花が特徴で、

アレンジメントに豪華さを加えます。

 

さまざまな色の花があり、

組み合わせ次第で多彩な表現が可能です。

 

ドウダンツツジ

ドウダンツツジは、涼しげな緑の葉が特徴で、

夏のアレンジメントにぴったりです。

 

暑さに強く、長持ちするため、

花と組み合わせて使うことで、

アレンジメント全体を引き立てます。

 

特に、ドラセナや他の葉ものと組み合わせると、

ボリューム感が出て涼しげな印象を与えます。

 

通年入手可能で夏でも長持ちする切り花

スプレーカーネーション

スプレーカーネーションは、通年入手可能であり、

暑さにも強い花として知られています。

 

色や形が豊富で、

花束やアレンジメントにもよく使われます。

 

特に、スプレーカーネーションは、

一本の茎から複数の花が咲くため、

見た目のボリュームもあり、長持ちします。

 

スプレー菊

スプレー菊は、通年を通じて入手可能で、

暑さにも強い花の一つです。

 

長持ちする特性があり、

切り花として非常に人気があります。

 

スプレー菊は、多くの小花がまとまって咲くため、

ボリューム感があり、

アレンジメントに華やかさを加えます。

 

スターチス

スターチスは、切り花としても

ドライフラワーとしても楽しめる花です。

 

暑さに強く、長持ちするため、

夏のアレンジメントに最適です。

 

鮮やかな色合いと独特の形が特徴で、

他の花と組み合わせることで、

アレンジメントに動きを加えることができます。

 

デンファレ

デンファレは、暑さに強く、

通年を通じて入手可能な花です。

 

エキゾチックな見た目と鮮やかな色が特徴で、

切り花としても長持ちします。

 

デンファレは、水分をしっかりと吸収し、

適切なケアを施すことで、

長期間美しさを保つことができます。

 

切り花を長持ちさせるコツ

切り花を長持ちさせるためには、

いくつかの基本的なコツがあります。

 

まず、花瓶の水を清潔に保つことが重要です。

 

水は毎日取り替え、花瓶も定期的に洗浄することで、

バクテリアの繁殖を防ぎます。

 

次に、花の茎を斜めにカットすることで、

水の吸収を促進します。

 

よく切れる専用の花切りハサミを使うことをオススメします。

 

さらに、水に漂白剤を数滴加えることで、

バクテリアの発生を抑えることができます。

 

専用の延命剤を使えば、もっと効果的です。

 

最後に、切り花は

直射日光やエアコンの風が直接当たる場所を避け、

涼しい場所に置くことが大切です。

 

こうしたコツを実践することで、

夏の暑さにも負けず、

美しい花を長く楽しむことができます。

 

夏の切り花アレンジメントのアイデア

夏の切り花を使ったアレンジメントには、

いくつかのポイントがあります。

 

まず、

涼しげな色合いの花を選ぶことです。

 

ブルーやパープル、ホワイトなどの涼しい色合いの花は、

見た目にも涼感を与えます。

 

次に、花の量を控えめにし、

葉ものを多めに使うこともおすすめです。

 

例えば、ドラセナやドウダンツツジなどの

葉ものを加えることで、

アレンジメント全体にボリュームが出て、

長持ちしやすくなります。

 

 

また、涼しげなガラスの花瓶を使うことで、

視覚的にも涼しさを演出できます。

 

これらのアイデアを取り入れて、

夏のアレンジメントを楽しんでみてください。

 

おすすめの購入場所と選び方

夏の切り花を購入する際には、

購入場所と選び方が重要です。

 

まず、専門の花屋さんで

購入することをおすすめします。

 

専門店では、品質の良い花を取り扱っており、

店員さんのアドバイスも受けられるため、

長持ちする花を選ぶことができます。

 

次に、スーパーマーケットや

ホームセンターでも切り花を購入できますが、

品質にばらつきがあるため、

鮮度や状態をよく確認することが大切です。

 

また、オンラインショップでの購入も便利ですが、

事前に口コミや評価をチェックして

信頼できる店舗から購入するようにしましょう。

 

購入する際は、花の鮮度や茎の状態、

葉の色などをしっかりと確認し、

元気な花を選ぶことがポイントです。

 

まとめ

夏の暑さに負けない切り花を選ぶことで、

暑い季節でも花のある生活を楽しむことができます。

 

トルコキキョウやアルストロメリア、ユリなどの

暑さに強い花を取り入れ、

カーネーションやバラ、デンファレなどの

通年入手可能で暑さに強い花も併せて活用しましょう。

 

また、切り花を長持ちさせるための基本的なコツや、

涼しげなアレンジメントのアイデアを取り入れることで、

夏でも美しい花を長く楽しむことができます。

 

ぜひ、この記事の情報を参考にして、

夏の花のある生活を楽しんでください。