PR

紫陽花に似た花:アナベルの切り花を楽しもう!しおれるのを防ぐ水揚げ・長持ちのコツを徹底解説

雑記、コラム

アナベルの純白の花球を見たことがありますか?

 

その優雅な姿と、緑から白へと移り変わる様子は、

多くの人を魅了します。

 

アナベルは、

一般的なアジサイとは一味違う魅力を持つ切り花です。

 

この記事では、アナベルの特徴や管理方法、

飾り方までを詳しく解説します。

 

アナベルの切り花を自宅に飾って、

その美しさを存分に楽しみましょう。

 

アナベルの切り花の特徴

アナベルは、アジサイの仲間でありながら、

独特の魅力を持つ花です。

 

その最大の特徴は、花の色が変化することです。

 

初めは淡い緑色で、徐々にクリーム色になり、

最終的には純白へと変化していきます。

 

この色の変化は、

まるで花が成長していくかのようで、

見る人を楽しませてくれます。

 

また、アナベルの花は小さな花の集合体で、

直径15cm程度の手毬状の花球を形成します。

 

一般的なアジサイに比べて、

葉や茎が細く華奢な印象を与えます。

 

この繊細さと、純白の花の組み合わせが、

何ともいえない気品を醸し出しているのです。

 

アナベルの切り花の基本データ

別名:
アメリカノリノキ、アメリカアジサイ

 

分類:
ユキノシタ科 アジサイ属

 

原産:
北アメリカ

 

サイズ:
40~80cm程度

 

販売価格:
500~1,000円程度

 

出回り時期:
主に5月から7月、
一部の地域では12月から2月にも出回ることがあります

 

※この図鑑を参考にしています

 

アナベルの切り花の管理方法

長持ちさせる水揚げ

アナベルの切り花を長持ちさせるには、

適切な水揚げが重要です。

 

以下の手順で行いましょう。

 

1. 専用の花切りハサミを使用し、茎を斜めに切ります。

これにより、水の吸収面積が増えます。

 

2. 茎の下部の葉を取り除きます。

水に浸かる部分に葉があると腐りやすくなります。

 

3. 茎の根元を1~2cm程度縦に割ります。

これにより、さらに水の吸収が良くなります。

 

4. 40~50度程度のぬるま湯に、

切り花用の延命剤を溶かした水に浸けます。

 

専用の花切りハサミを使用することで、

茎を潰すことなくきれいに切ることができます。

 

また、切り花用の延命剤には、

花を長持ちさせる栄養分やバクテリアの繁殖を

抑える成分が含まれているので、必ず使用しましょう。

 

アナベルがしおれないための裏技?

上記の方法だけでも充分なのですが、

花屋さんでやっている裏技?があります。

 

切り口を大きく斜めに切り取ったあとで、

切り口に見える、白い綿状のものをそぎ取ってください。

 

これは、

アナベルを含むアジサイの仲間全般に効果的な方法です。

 

長持ちさせる管理方法

1. 水は毎日取り替え、

その際に茎を1~2cm切り戻します。

 

2. 直射日光や風が当たる場所は避け、

涼しい場所に置きます。

 

3. エアコンの風が

直接当たらないように注意します。

 

4. 花瓶の水が濁ったら、

すぐに新しい水に替えます。

 

5. 花や葉にカビが生えたら、

すぐに取り除きます。

 

これらの管理を行うことで、

アナベルの切り花は5日から1週間程度

楽しむことができます。

 

アナベルの切り花の飾り方

アナベルは、その純白の花球が特徴的なので、

シンプルに活けるのがおすすめです。

 

透明なガラスの花瓶を使用すると、

茎の緑色と花の白色のコントラストが美しく映えます。

 

また、

アナベルは他の花材との相性も良いです。

 

特に、青や紫のエリンジウムや、

ドウダンツツジとの組み合わせが素敵です。

 

季節や好みに合わせて、

様々な花材と組み合わせて楽しんでみてください。

 

アナベルの花言葉

アナベルの花言葉は「ひたむきな愛」です。

 

この花言葉は、アナベルの純白の花が、

清らかで誠実な愛を

象徴していることから来ています。

 

そのため、結婚式のブーケや、

大切な人へのプレゼントとしても人気があります。

 

アナベルの雑学、豆知識

  • アナベルの名前の由来は、
    アメリカのアナという女性が発見したことから来ています。

 

  • アナベルは、他のアジサイと異なり、前年の枝だけでなく、
    当年の新しい枝にも花をつけます。

 

  • アナベルの花は、
    ドライフラワーにしても美しさを保ちます。

 

  • アナベルは、寒さに強く、
    マイナス30度の寒さにも耐えられます。

 

  • アナベルの花は、切り花だけでなく、
    庭植えでも人気があります。

 

アナベルのQ&A

Q1: アナベルの花は、なぜ色が変化するのですか?

A1: アナベルの花には、

アントシアニンという色素がほとんど含まれていないため、

開花初期は葉緑素の色である緑色を呈します。

 

その後、葉緑素が分解されていくにつれて、

白色へと変化していきます。

 

 

Q2: アナベルの切り花を長持ちさせるコツは?

A2: 毎日の水替えと茎の切り戻し、

適切な環境管理(涼しい場所に置く、直射日光を避けるなど)が重要です。

 

また、専用の花切りハサミと切り花用の延命剤を使用することで、

さらに長持ちさせることができます。

 

 

Q3: アナベルの花を押し花にすることはできますか?

A3: はい、可能です。

ただし、アナベルの花は水分を多く含むため、

乾燥させるのに時間がかかります。

 

押し花にする際は、花を一つずつ分解して押すと、

きれいな仕上がりになります。

 

 

Q4: アナベルの切り花は、どのような場面で使うのが適していますか?

A4: アナベルは純白で上品な印象があるため、

結婚式やパーティーなどのフォーマルな場面に適しています。

 

また、その清楚な雰囲気から、

お悔やみの場にも使用されることがあります。

 

 

Q5: アナベルの切り花を購入する際の注意点は?

A5: 花の色が均一で、

茎がしっかりしているものを選びましょう。

 

また、

花びらや葉に傷や変色がないか確認することも大切です。

 

購入後はできるだけ早く水揚げをし、

適切な管理を始めることが長持ちのコツです。

 

まとめ

アナベルは、その純白の花球と、

緑から白へと変化していく姿が魅力的な切り花です。

 

適切な管理を行えば、

1週間程度その美しさを楽しむことができます。

 

専用の花切りハサミや

切り花用の延命剤を使用することで、

さらに長く楽しむことができます。

 

アナベルの切り花を自宅に飾ることで、

空間に清楚で上品な雰囲気をもたらすことができます。

 

また、その花言葉「ひたむきな愛」から、

大切な人への贈り物としても素敵です。

 

ぜひ、アナベルの切り花を購入して、

その魅力を存分に楽しんでみてください。