切り花図鑑

切り花図鑑

ストレリチア(極楽鳥花)の切り花|オマケのお花がたくさん詰まってるって知ってましたか?

まるで鳥のような姿をしたお花の形から「極楽鳥花」とも呼ばれるストレリチア。南国の雰囲気たっぷりで個性的なお花なのですが、日本ではお正月飾りのお花としても親しまれています。とても個性的なフォルムのお花なのですが、オレンジ色の部分は正確にはお花ではなくてガクなのだそうです。お花は紫色の部分です。茎は太く長さも1メーター以上あるものも…
2021.05.03
切り花図鑑

アルストロメリアの切り花は花色も種類も豊富!二番花も楽しめる優等生

アルストロメリアの切り花は、水揚げも良好で日持ちもよく花屋さんでも定番のお花です。 花の種類や色も豊富で、常時数種類を揃えているお店も多いと思います。また、ほぼ一年中手に入るのも魅力のひとつです。 アルストロメリアの特徴 アルストロメリアの葉っぱはクネっと半回転しています。決して傷んでいたり古かったりするわけではありません。
2021.05.03
切り花図鑑

葉牡丹(ハボタン)の切り花は茎も長くて日持ちも長持ち!お正月のアレンジにも大活躍の花材です

ハボタンというと冬の花壇や門松の根本に植えてあるものを思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では冬の季節、特に年末年始には切り花としても大活躍なんです。ハボタンは花の種類が少ない冬の間のお助け花材です。特にお正月のアレンジには欠かせない存在になっています。
2021.05.03
切り花図鑑

ブルースター(オキシペタラム)の切り花:水色の切り花の定番!白い樹液の処理が長持ちの秘訣。

ブルースター(オキシペタラム)の透明感のある水色の花は、他の切り花では代用が効かない貴重なもの。白い樹液の影響で水揚げが悪い欠点はあるのものの、数十年に渡り花屋さんでは水色の切り花の定番的な存在です。お値段も安く一年中流通しているので購入しやすい切り花でもあります。単体で一輪挿しはもちろん、他の花を引き立てる役としても使えます。
2021.07.01
切り花図鑑

フウセントウワタを切り花で生ける時に知っておきたい白い樹液の毒性や中身の綿毛

フウセントウワタってご存知ですか? 怒ったハリセンボンのような、ま~るくてトゲトゲした変わった形の実を付ける植物です。特徴的なフォルムが人気で切り花としても秋口(9月~10月頃)にはお花屋さんの店頭に並びます。フウセントウワタの切り花を生けて飾る時には、いくつか注意したほうがよい点がありますのでご紹介します。
2021.05.03
スポンサーリンク