PR

エレムルスの切り花を飾って楽しむ:長持ちの秘訣とアレンジアイデア・花言葉・雑学まで

雑記、コラム

エレムルスは、その美しい長い花穂と

鮮やかな色合いで人気の高い切り花です。

 

「デザートキャンドル」や

「フォックステールリリー」とも呼ばれ、

その名の通り、砂漠のキャンドルや

キツネの尾を思わせるような見た目が特徴です。

 

エレムルスは中央アジアからヒマラヤにかけて自生しており、

そのユニークな花姿は、

多くのアレンジやブーケに取り入れられています。

 

エレムルスの切り花の基本データ

  • 別名:デザートキャンドル、フォックステールリリー
  • 分類:ユリ科エレムルス属
  • 原産:中央アジア
  • サイズ:70cm~1m程度
  • 販売価格:200~300円
  • 出回り時期:4月~7月

 

※この図鑑を参考にしています

 

エレムルスの花は小さな花が密集して長い花穂を形成し、

下から順に開花します。

 

1本の花穂に300~500個もの花がつくこともあります。

この特徴から、

エレムルスはダイナミックなアレンジメントや

ブーケにぴったりの花材です。

 

エレムルスの切り花の管理方法

エレムルスの切り花を長持ちさせるためには、

適切な水揚げと管理が重要です。

 

以下の方法を参考にして、

エレムルスの美しさを最大限に引き出しましょう。

 

長持ちさせる水揚げ

エレムルスの切り花を購入したら、

まずは茎の先端を斜めに切り、水切りを行います。

 

水切りとは、水中で茎をカットする方法で、

空気の混入を防ぎ、水の吸収を良くする効果があります。

 

また、

切り花用の延命剤を使用するとさらに効果的です。

延命剤は、

水中のバクテリアの繁殖を抑え、

花の寿命を延ばす役割があります。

 

 

長持ちさせる管理方法

エレムルスの切り花は、

風通しの良い場所に飾ることが大切です。

 

蒸れや高温は花びらの傷みを早めるため、

直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所を選びましょう。

 

また、

毎日水を替え、茎の先端を少しずつ切り戻すことで、

常に新鮮な水を吸収させることができます。

 

 

エレムルスの切り花の飾り方

エレムルスの切り花は、その長い花穂を生かして、

さまざまな飾り方が楽しめます。

 

高さと動きを演出するために、

エレムルスをメインの花材として使うと効果的です。

 

花瓶に活ける際は、シンプルなデザインの花瓶を選び、

エレムルスの花穂が伸びやかに見えるようにすると美しいです。

 

また、

エレムルスは他の花材と

組み合わせても素敵なアレンジが可能です。

 

例えば、バラやリシアンサスと合わせて、

エレガントなブーケを作ると良いでしょう。

 

エレムルスの切り花と相性の良い花材とアレンジアイデア

エレムルスの切り花は、

他の花材との相性も抜群です。

以下に、

エレムルスと相性の良い花材とアレンジアイデアを紹介します。

 

相性の良い花材

  • バラ:エレガントでクラシックな印象を与えます。
  • リシアンサス:柔らかな雰囲気をプラスします。
  • ユーカリ:シルバーグリーンの葉がエレムルスの色合いを引き立てます。

 

アレンジアイデア

エレムルスを中心に据えた縦長のアレンジメントは、

豪華でインパクトのある仕上がりになります。

 

また、エレムルスの花穂を曲げたり、

カーブをつけて動きを出すことで、

よりダイナミックなアレンジが可能です。

 

ナチュラルな雰囲気を楽しむためには、

野草やグリーンを多めに取り入れると良いでしょう。

 

エレムルスの花言葉

エレムルスの花言葉は、

「大きな希望」と「高い理想」です。

 

これらの花言葉は、

その伸びやかで高く成長する姿に由来しています。

 

エレムルスを飾ることで、

ポジティブなエネルギーを取り入れ、

前向きな気持ちを引き出すことができるでしょう。

 

エレムルスの雑学、豆知識

  • エレムルスの語源
    エレムルスの名前は、ギリシア語の「砂漠」を意味する「エレム」と「尾」を意味する「オウラ」に由来しています。
    この名前は、その長い花穂が砂漠に立つ尾のように見えることから名付けられました。

 

  • キャンドルリリーの由来
    エレムルスは「キャンドルリリー」とも呼ばれます。
    これは、花穂がキャンドルの炎のように見えることからきています。

 

  • 原産地
    エレムルスは、西アジアからヒマラヤにかけて自生しています。
    そのため、乾燥地帯でも強く育つ特性があります。

 

  • 開花の順序
    エレムルスの花は下から順に咲きます。
    これにより、長期間にわたって美しい姿を楽しむことができます。

 

  • 切り花としての寿命
    エレムルスの切り花は、
    適切に管理すれば1週間から10日ほど楽しむことができます。

 

エレムルスのQ&A

  • Q: エレムルスの切り花はどのくらいの頻度で水を替えるべきですか?
    A: 毎日水を替えることをお勧めします。
    これにより、水の中のバクテリアの繁殖を抑え、花の寿命を延ばすことができます。

 

  • Q: エレムルスの切り花を飾る最適な場所はどこですか?
    A: 風通しの良い場所に飾ることが大切です。
    直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所を選びましょう。

 

  • Q: エレムルスの切り花を長持ちさせるためにはどのような延命剤を使うべきですか?
    A: 市販の切り花用延命剤を使用することで、水中のバクテリアの繁殖を抑え、
    花の寿命を延ばす効果があります。

  • Q: エレムルスの切り花はどのようにして茎を切るべきですか?
    A: 茎の先端を斜めにカットし、水中で水切りを行うことで、
    水の吸収を良くすることができます。

 

  • Q: エレムルスの切り花は他の花と組み合わせることができますか?
    A: はい、エレムルスはバラやリシアンサス、
    ユーカリなどと組み合わせて素敵なアレンジメントが作れます。

 

まとめ

エレムルスの切り花は、

その美しい長い花穂と鮮やかな色合いで、

どんな空間にも華やかさを添えることができます。

 

適切な水揚げと管理を行うことで、

長期間にわたりその美しさを楽しむことができます。

 

エレムルスの切り花を飾ることで、

日常にポジティブなエネルギーを取り入れ、

前向きな気持ちを引き出すことができるでしょう。

 

エレムルスの切り花を使ったアレンジメントを楽しみ、

心地よい空間を作り上げてください。