アリウムコワニーの切り花:純白で放射状に咲く小花と曲がった茎が魅力。飾り方や日持ちは?

アリウムコワニーの切り花・日持ち・管理・飾り方切り花図鑑

アリウムコワニーの真っ白い花の色は他に代えのきかない貴重なものです。切り花で出回るお花の中でも一番綺麗な「白」ではないかと思っています。

今回は、管理も楽で日持ちもいいアリウムコワニーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

アリウムコワニーの切り花の特徴

アリウムコワニーの特徴

ネギの仲間の切り花にはギガンジウム丹頂アリウムなどがありますが、これらは紫色でまん丸い花の形をしています。

これに対し同じネギの仲間であるアリウムコワニーは、純白の花を放射状に咲かせる点が特徴です。一見するとニラの花のほうが近く見えますね。

また、茎はまっすぐに伸びるのではなく不規則に曲がりくねっています。この曲がり方も他の切り花にはあまり見られない特徴です。

 

スポンサーリンク

アリウムコワニーの飾り方

アリウムコワニーの真っ白い色は、他の花の色をより綺麗に見せてくれますから合わせる花を選びません。組み合わせに悩むことなく飾ってみてください。

また、グリーンの葉っぱや枝物と合わせれば、純白のアリウムコワニーの花が浮き出るように綺麗に見えます。

アリウムコワニーの茎は花屋さんでさえ使うのをためらうほど、くねくねと不規則に曲がっています。

花瓶に活けても思った位置には留まらないかもしれませんが、傾いたり花が下を向いてしまった姿をそのまま楽しむのもいかがでしょうか。

独特な茎の表情が愛おしく感じられてきますよ♪

 

アリウムコワニーを日持ちさせる水揚げ、管理方法

アリウムコワニーの飾り方

アリウム(ネギ)の仲間はとても丈夫で長持ちします。水揚げも難しいことは必要なく、茎を切り戻すだけで充分です。

他のアリウムの仲間は、茎を切ると独特なネギの匂いがすることがあり敬遠されることがあるのですが、アリウムコワニーの場合は匂いはほとんどありません。

また、他のアリウムの仲間のように切り口からアクが出て水を汚すことも少ないですから、水換えの頻度もあまり気にしなくても大丈夫です。

2週間以上日持ちすることも普通にあるアリウムコワニーは、切り花用の延命剤すら必要としないほど丈夫なお花です。

 

アリウムの花言葉

アリウムコワニーの花言葉

アリウムの花言葉は「無限の楽しみ」「くじけない心」「夫婦円満」

やはり長持ちするお花にピッタリな花言葉がついていますね。確かにアリウムとはネギのことですから元気がでるイメージになるのかもしれませんね。

 

アリウムコワニーの切り花、基本データ

別名:ハナネギ
分類:ユリ科アリウム属
原産:地中海沿岸、中央アジア
サイズ:30~50センチ程度
花サイズ:小輪
販売価格:150~300円
出回り時期:通年

コチラの本も参考にしています。

まとめ

  • アリウムの仲間では珍しい白い花は、他にはないほど貴重な「純白」
  • 個性的に曲がりくねった茎を楽しむのもオススメ
  • アリウムコワニーは日持ちも良く管理もとても簡単。

私はアリウムコワニーよりも白色が綺麗な切り花を知りません。

春先には出回る量も増えますから、お花屋さんで見つけたら是非お家に連れて帰って飾ってみてくださいね♪

 

コメント