ストレリチア(極楽鳥花)の切り花|オマケのお花がたくさん詰まってるって知ってましたか?

ストレリチア(極楽鳥花)の切り花切り花図鑑

まるで鳥のような姿をしたお花の形から「極楽鳥花」とも呼ばれるストレリチア。南国の雰囲気たっぷりで個性的なお花なのですが、日本ではお正月飾りのお花としても親しまれています。

ストレリチアの特徴

ストレリチアの特徴

とても個性的なフォルムのお花なのですが、オレンジ色の部分は正確にはお花ではなくてガクなのだそうです。お花は紫色の部分です。

茎は太く立派で、長さも1メーター以上の物もあり大きな生け込みやアレンジメントに使えば、ひときは目立つ作品ができあがります。

ほぼ一年中入手が可能なのですが、真夏の暑い時期は若干品薄になる感じです。また、お正月用のお花としても人気があるため、毎年12月に入ると価格が高騰します。

水揚げ方法、管理の注意点

とても丈夫なお花で水揚げも問題なし。普通に斜めにカットするだけで十分水が揚がります。

暑さにも比較的強いので飾った後の管理もほとんど必要ないくらいです。強いて言えば、花の付け根から糖分を含んだ樹液が出てくることがあるので、拭き取ったほうがいいという点くらいです。

ストレリチアにはオマケのお花が…

ストレリチアの切り花を扱っていると、衝撃でお花がとれてしまったり、時間の経過で傷みが出てくることがあります。下の写真はお花が無くなってしまった状態です。

花が無くなってしまったストレリチア

この状態でも、まだ諦めて捨ててしまったりしないでくださいね!

実は、このトガッた緑色の部分のなかには、オマケのお花が2つも3つも入っていますので…\(^o^)/

ちょっと可哀想な感じもしますが、指を使って緑色のところを広げてみます。

ストレリチアのオマケの花を引っ張り出す

中に、お花がいくつか入っているのが分かります。それをゆっくり引っ張り出してください。

若干コツが要りますがチャレンジしてみてくだしね。そのまま捨ててしまうことを思えば失敗しても怖くはないですものね。

お花を広げて形を整えるとこんな感じです。

オマケのお花を取り出したストレリチア

最初のお花よりも少し色が薄いのですが、これでまだまだ楽しむことができますね。

自然の状態(根っこが着いている状態)では、勝手に次のお花が出てくるのですが、切り花ではその力がないらしく期待できません。多少無理やりですが、お花屋さんでも普通に行っているやり方です。

花言葉

ストレリチアの花言葉は「寛容」「気取った恋」「おしゃれな恋」

 

ストレリチアの基本データ

別名:極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)
分類:バショウ科ストレリチア属
原産:南アフリカ
サイズ:80~150センチ程度
花サイズ:大輪
販売価格:300~600円(年末には1000円以上にも)
出回り時期:通年

参考資料:花屋さんで人気の469種「花図鑑」

コメント