PR

菊の花は本当に縁起が悪いの?知っておきたい菊の意味とマナー

雑記、コラム

菊の花を巡る誤解と真実

菊の花。

その優雅な姿と深い香りは、

多くの人々を魅了してきました。

 

しかし同時に、

「縁起が悪い」「不吉」といった言葉も

耳にすることがあります。

 

なぜ、このように相反する印象が

存在するのでしょうか?

 

実は、菊の花には深い歴史と文化的背景があり、

その意味は想像以上に豊かで多様なのです。

 

日本の国花として、

また皇室の紋章としても使用される菊は、

日本文化において特別な地位を占めています。

 

一方で、葬儀などの仏事でよく使用されることから、

「縁起が悪い」という誤解も生まれています。

 

しかし、

これは菊の本質的な意味とは異なるものです。

 

この記事では、

菊の花に関する様々な誤解を解き、

その真の意味とマナーについて詳しく見ていきます。

 

菊の花言葉、縁起、仏事での使用法、贈り方や飾り方まで、

幅広く解説していきましょう。

 

菊の花の歴史と文化的背景

日本における菊の位置づけ

菊は日本の国花として広く知られています。

 

奈良時代に中国から渡来したとされ、

平安時代には既に貴族の間で愛でられていました。

 

その後、和歌や絵画にも多く登場し、

日本文化に深く根付いていきました。

 

特に、重陽の節句(9月9日)には

菊酒を飲む風習があり、

菊を長寿や厄除けのシンボルとして

尊ぶ文化が発展しました。

 

江戸時代には菊の品種改良が盛んになり、

現在では実に350種以上もの

園芸品種が存在するといわれています。

 

皇室との関係

菊の紋(十六弁八重表菊)は

皇室の紋章として使用されており、

菊そのものが皇室と強く結びついています。

 

この「菊花紋章」の使用は

厳しく制限されており、

一般の使用は禁じられています。

 

また、毎年11月に開催される「菊花展」は

皇室主催の行事として知られ、

菊栽培の技術の粋を集めた作品が展示されます。

 

このように、菊は日本の伝統と格式を象徴する花として、

特別な地位を占め続けているのです。

 

菊の花言葉と象徴的意味

ポジティブな意味

菊の花言葉には

「高潔」「気品」「誠実」「長寿」などがあります。

 

これらは菊の花の凛とした姿や、

長く咲き続ける性質から生まれたものです。

 

特に「高潔」という言葉は、

菊が高い場所でも咲くことから

由来しているといわれています。

 

また、白菊は「真実」「誠実」を、

黄菊は「高貴」「皇室」を象徴するとされ、

色によっても異なる意味を持ちます。

 

赤菊は「愛情」「情熱」を表すこともあり、

必ずしもネガティブな意味合いだけではありません。

 

ネガティブな意味

一方で、菊には「悲しみ」「別れ」といった

花言葉もあります。

 

これは主に、

菊が葬儀や仏事で使用されることから

生まれた意味です。

 

特に白菊は「哀悼」の意味を持つことがあり、

これが「縁起が悪い」という誤解に

つながっている面もあります。

 

しかし、これらのネガティブな意味は

文化的な文脈によるものであり、

菊の本質的な性質を表しているわけではありません。

 

むしろ、菊が生命の尊さや追悼の気持ちを

表現する大切な役割を果たしているとも言えるでしょう。

 

菊の花と縁起

縁起が悪いという誤解の由来

菊の花が「縁起が悪い」と

誤解されるようになった主な理由は、

葬儀や仏事での使用にあります。

 

白菊が供花として多く使われることから、

菊=死や悲しみというイメージが

定着してしまったのです。

 

また、「菊」の音が「苦」に通じることも、

この誤解を強めた一因と言えるでしょう。

 

さらに、一部の地域では

「菊は死者の世界の花」という言い伝えもあり、

これらが複合的に作用して「縁起が悪い」という

イメージが形成されたと考えられます。

 

実際の縁起の良さ

しかし実際には、

菊は非常に縁起の良い花とされています。

 

その由来は古く、中国の伝説に遡ります。

 

不老不死の霊薬を求めて仙人が

桃源郷で見つけた花が菊だったという故事から、

菊は長寿のシンボルとして尊ばれてきました。

 

日本でも、菊の花びらの形が

太陽の光に似ていることから、

「光明」や「希望」の象徴とされています。

 

また、菊酒を飲む風習は

厄除けや長寿を願うものであり、

決して縁起が悪いものではありません。

 

むしろ、菊は「高潔」「誠実」「長寿」といった

極めてポジティブな意味を持つ花であり、

その美しさと気品ある姿は多くの人々に愛され続けているのです。

 

菊の花と仏事

仏壇に供える理由

仏壇に菊の花を供える主な理由は、

その清らかさと気品にあります。

 

菊の凛とした姿は、

仏様への敬意を表すのにふさわしいとされています。

 

また、菊の花が長持ちすることも、

仏壇に供える花としての適性を高めています。

 

さらに、菊の花が持つ

「高潔」「誠実」といった花言葉も、

仏様への思いを表現するのに

適していると考えられています。

 

特に白菊は、

その清浄さから仏事に多く用いられます。

 

葬儀(葬式)での菊の使用

葬儀で菊が使用される理由も、

その清らかさと気品にあります。

 

特に白菊は、

故人への哀悼の意を表すのに

適しているとされています。

 

また、菊の花が長持ちすることは、

故人への変わらぬ思いを

象徴するものとも解釈されています。

 

葬儀では、祭壇や供花として

菊が使用されることが多く、

特に大輪の白菊は追悼の象徴として

広く認識されています。

 

しかし、これは菊の花自体が

「不吉」であるということではなく、

むしろ故人への敬意と哀悼の気持ちを

表現する重要な役割を果たしているのです。

 

供え方のマナー

仏壇や葬儀での菊の供え方には

いくつかのマナーがあります。

 

基本的に、奇数本で供えるのが一般的です。

 

これは、偶数が「対」を意味し、

別れを連想させるためです。

 

また、花瓶に生ける際は、

花を仏様に向けて傾けるのがマナーとされています。

 

色については、白菊が最も一般的ですが、

故人の好みや宗派によっては

他の色を用いることもあります。

 

供える際は、花の鮮度に注意し、

いつも美しい状態を保つよう心がけましょう。

 

菊の花を贈る際の注意点

適切な場面と避けるべき場面

菊の花を贈る際には、

場面や状況を十分に考慮する必要があります。

 

適切な場面としては、

敬老の日や長寿のお祝い、

秋のご挨拶などが挙げられます。

 

菊の持つ「長寿」や「高潔」といった花言葉が、

これらの場面にふさわしいからです。

 

一方で、避けるべき場面もあります。

 

例えば、

病気見舞いや結婚祝いには適していません。

 

これは、菊が仏事に用いられることが多いため、

不吉な印象を与える可能性があるからです。

 

また、若い人へのプレゼントとしても

避けたほうが無難でしょう。

 

プレゼントとしての菊の選び方

菊をプレゼントとして選ぶ際は、

色と種類に注意しましょう。

 

白菊は仏事のイメージが強いため、

贈り物としては避けるのが賢明です。

 

代わりに、黄色や薄紫、ピンクなどの

明るい色の菊を選ぶとよいでしょう。

 

また、大輪の菊よりも、

スプレー菊や小菊などの小ぶりな品種を

選ぶことをおすすめします。

 

これらは華やかで明るい印象を与え、

贈り物に適しています。

 

さらに、鉢植えの菊を贈るのも良い選択肢です。

 

鉢植えなら長く楽しむことができ、

「永続的な気持ち」を表現できます。

 

季節や相手の好みに合わせて、

適切な菊を選びましょう。

 

菊の花の飾り方

家庭での飾り方

家庭で菊を飾る際は、

花の特性を活かした飾り方を心がけましょう。

 

菊は茎が硬く、長持ちする花なので、

シンプルな花瓶に生けるだけでも

美しく飾ることができます。

 

菊を長く楽しむためには、茎を斜めに切り、

水あげを良くすることが大切です。

 

また、水は毎日取り替え、

茎の切り口も2〜3日おきに切り戻すとよいでしょう。

 

菊の色や種類によって、

部屋の雰囲気も変わります。

 

白や黄色の大輪の菊は和室に、

カラフルなスプレー菊は洋室に合わせるなど、

インテリアとのバランスを考えて選びましょう。

 

また、菊の花言葉を活かし、

書斎や応接間に飾って「高潔」や「誠実」の

雰囲気を演出するのも素敵です。

 

玄関に飾る際の注意点

玄関に菊を飾る際は、

いくつかの点に注意が必要です。

 

まず、大輪の白菊は避けましょう。

 

これは、仏事のイメージが強く、

来客に不快な印象を与える可能性があるからです。

 

代わりに、黄色やピンク、オレンジなどの

明るい色の菊を選びましょう。

 

スプレー菊や小菊などの小ぶりな品種も、

玄関の飾りとして適しています。

 

これらは明るく華やかな印象を与え、

来客を温かく迎える雰囲気を作り出します。

 

また、季節感を大切にしましょう。

 

秋は菊の季節ですが、

他の季節に菊を飾る場合は、

その時期の草花と組み合わせるなどの

工夫が必要です。

 

玄関は家の顔となる場所なので、

菊の飾り方一つで家全体の印象が

変わることを覚えておきましょう。 

 

菊の花の活用法

食用としての利用

菊は観賞用だけでなく、

食用としても広く利用されています。

 

特に食用菊として知られる「食菊」は、

サラダやお浸し、天ぷらなど

様々な料理に使われます。

 

苦みと独特の香りが特徴で、

秋の味覚として親しまれています。

 

代表的な食用菊には、

「もってのほか」や「阿房宮」などがあります。

 

これらは苦みが少なく

食べやすいのが特徴です。

 

また、菊の花びらを乾燥させて作る

菊花茶も人気があり、

美容や健康に良いとされています。

 

栄養面では、ビタミンCやカロテン、

ミネラルが豊富に含まれており、

抗酸化作用や解毒作用があるとされています。

 

ただし、食用の際は必ず

食用として販売されているものを使用し、

観賞用の菊を食べないよう注意しましょう。

 

厄除けや健康への効果

菊には古くから厄除けや

長寿のシンボルとしての意味があります。

 

特に「重陽の節句」(9月9日)には、

菊酒を飲む風習があり、

これは厄除けや長寿を願うものとされています。

 

また、菊の花には抗菌作用があるとされ、

民間療法として風邪予防や解熱に

用いられることもあります。

 

特に菊花茶は、目の疲れを和らげたり、

頭痛を軽減したりする効果があるとされています。

 

ただし、これらの効果は

科学的に完全に実証されているわけではありません。

 

菊を健康目的で利用する際は、

あくまで補助的なものとして考え、

過度な期待は避けるべきでしょう。

 

また、アレルギー反応を起こす可能性もあるので、

初めて利用する際は少量から試すことをおすすめします。

 

まとめ:菊の花との付き合い方

菊の花は、

日本文化に深く根付いた美しく気品のある花です。

 

「縁起が悪い」という誤解もありますが、

実際には「高潔」「誠実」「長寿」といった

極めてポジティブな意味を持っています。

 

仏事での使用や、

「菊」の音が「苦」に通じることから

生まれた誤解を超えて、

菊の本質的な美しさと意味を理解することが大切です。

 

適切な場面での贈り物や、

家庭での飾り方を工夫することで、

菊の花をより身近に感じることができるでしょう。

 

また、食用や健康面での活用も

菊を楽しむ一つの方法です。

 

ただし、観賞用と食用を

混同しないよう注意が必要です。

 

菊の花との付き合い方は、

結局のところ個人の価値観や好みによるものです。

 

縁起の良し悪しにとらわれすぎず、

菊の持つ美しさや文化的な価値を

素直に楽しむ姿勢が大切ではないでしょうか。

 

季節の移ろいを感じさせてくれる菊の花を、

日本の伝統文化の一部として、

また身近な自然の恵みとして、

大切に扱っていきたいものです。