PR

プロが教える!切り花を長持ちさせる魔法の水の作り方と秘密 : 市販の延命剤が最強の理由

雑記、コラム

切り花を長く楽しむ秘訣

花束やフラワーアレンジメントを受け取るとき、

その美しさをできるだけ長く楽しみたい

と思うのは自然なことです。

 

切り花を長持ちさせる秘訣は、

適切なケアと「魔法の水」を使うこと?です。

 

この記事では、

プロの花屋さんも推奨する方法を紹介し、

特に市販の切り花用延命剤が

なぜ最強の選択肢なのかを説明します。

 

自家製の方法から科学的に開発された製品まで、

さまざまな「魔法の水」の選択肢がありますが、

それぞれに長所と短所があります。

 

あなたの大切な花を最も効果的に長持ちさせる方法を

見つけるようにしてください。

 

ここでは、それぞれの方法を比較しながら、

なぜプロが市販の延命剤を選ぶのかを

詳しく見ていきましょう。

 

切り花が早く枯れる原因

花が枯れてしまう主な原因は以下の3つです。

 

水中のバクテリアの繁殖

花瓶の水には時間とともにバクテリアが繁殖し、

花の茎の中にある導管をふさいでしまうため、

水の吸収が悪くなります。

 

栄養不足

切り花は根から栄養を吸収できないため、

時間とともに栄養が不足していきます。

 

特に、生きるために必要な糖分が不足すると、

花の寿命が短くなります。

 

環境の悪化

直射日光、暖房や冷房の風、高温多湿な環境なども、

切り花の寿命を縮める要因となります。

 

適切な環境を整えることも、

花を長持ちさせるために重要です。

 

これらの問題に対処するためには、

バクテリアの繁殖を抑え、適切な栄養を供給し、

最適な環境を整えることが必要です。

 

次に、これらの問題に対処するための

様々な方法を見ていきましょう。

 

自家製の魔法の水を作る方法

家庭にある材料で簡単に作れる

「魔法の水」を紹介します。

 

砂糖水を入れる

水1リットルに対して砂糖大さじ2杯を入れます。

砂糖は花に栄養を与え、生命力を維持します。

 

ただし、砂糖水はバクテリアの繁殖も促進するため、

頻繁に水替えが必要です。

 

ハイターを入れる

水1リットルに対してキッチンハイターを2~3滴加えます。

 

ハイターの殺菌作用で

バクテリアの繁殖を抑えますが、

濃度が高すぎると花を傷つけるので注意が必要です。

 

10円玉を入れる

花瓶に10円玉を2~3枚入れます。

 

10円玉の銅イオンには殺菌効果がありますが、

効果は限定されています。

 

また、硬貨が腐食する可能性もあります。

 

これらの方法の限界

これらの自家製方法は手軽ですが、

効果にばらつきがあり、

適切な濃度管理が難しいという欠点があります。

 

また、栄養供給とバクテリアの抑制の

バランスを取るのが困難で、

頻繁な水替えや管理が必要です。

 

次に、市販の延命剤について

詳しく見ていきます。

 

プロが選ぶ最強の魔法の水 – 市販の切り花用延命剤

プロの花屋が最も信頼して使っているのが、

市販の切り花専用延命剤です。

 

科学的に設計された成分

市販の延命剤は、

切り花の需要を最大限に満たすよう設計されています。

 

栄養剤、pH調整剤、殺菌剤などが

最適な比率で配合されており、

花の種類や状態に応じて効果を発揮します。

 

バクテリア抑制効果

効果的な殺菌成分により、

水中のバクテリアの繁殖を強力に抑制します。

 

これにより、花の茎が詰まるのを防ぎ、

水の吸収を助けます。

 

最適な栄養バランス

花の生命力を決めるために必要な糖分やミネラルが、

適切なバランスで含まれています。

 

これにより、花びらの色の鮮やかさや

形状を長く保つことができます。

 

使いやすさと安全性

使用量が完全に指定されており、

誰でも簡単に適切な濃度で使用できます。

 

また、人体や環境への安全性も考慮されており、

安心して使用できます。

 

市販の延命剤を使用することで、

自家製の方法よりも確実に

花を長持ちさせることができます。

 

管理の手間も大幅に軽減されます。

 

次に、市販の延命剤の正しい使い方を見ていきましょう。

 

市販の延命剤の正しい使い方

市販の切り花用延命剤を使用するには、

正しい使用方法を知っておく必要があります。

 

適切な濃度

第一に、パッケージに記載された使用量を守りましょう。

 

濃度が高くても低くても効果が低下します。

一般的に、

水1リットルに対して延命剤は5-10mlが目安ですが、

製品によって異なる場合があります。

 

大切な水替え

延命剤を使用している場合でも、

3~4 日に一度は水を取り替え、

新しい延命剤入りの水に替えることをお勧めします。

 

これにより、常に最適な環境を維持できます。

 

花の種類による使い分け

市販の延命剤にはバラ用、球根植物用、枝物用、など、

種類別に特化したものもあります。

 

必要があれば使ってみるのもよいですが、

一般的には、種類分けする必要はないと考えます。

 

専門的な水揚げは、花屋で最初に行う水揚げの際に

行われていることと思います。

 

延命剤と併せて行う花のケア

市販の延命剤を使用しても、

適切なケアを行うことで

更に長持ちさせる効果を高めることができます。

 

適切な水切り

花を生ける前に、

茎の先端を斜めに 2~3cm 切り取ります。

 

これにより、水の吸収力が高まります。

硬い茎の場合は、

縦に 2~3cm 切り込みを入れるのも効果的です。

 

花瓶の清潔さ

花瓶は使用前に必ず洗剤で洗い、

よくすすいでください。

 

清潔な花瓶を使用することで、

バクテリアの繁殖を抑えることができます。

 

最適な環境づくり

直射日光や暖房・冷房の風が当たる場所は避け、

涼しい場所に置きましょう。

 

また、果物の近くも避けてください。

果物から出るエチレンガスが花の老化を早めます。

 

これらのケアを延命剤の使用と併せて使用すると、

切り花の寿命が最も延ばされるようになります。

 

おすすめの市販延命剤、メーカー別詳細

切り花栄養剤にはいくつかのメーカーがあります。

 

その中から、

花屋さんやホームセンターなどで売られていて

比較的有名なものを5種類紹介します。

 

各メーカーとも、

ボトルのサイズはいろいろとラインナップがありますが、

家庭で使われるのなら200~300mlのサイズで充分かと思います。

 

キープ・フラワー

 

花屋さんなどの店頭で一番見かけるのが

「キープ・フラワー」です。

 

フジ日本精糖の製品で本業は砂糖メーカーです。

 

人と同じように植物も糖分を必要とすることから

生まれた製品のようです。

 

人が口にするものを扱っている

国産製品という安心感がありますね。

 

クリザール

 

クリザール社は花の国オランダで設立されて

80年以上という老舗メーカーです。

 

切り花の生産者から流通・小売・消費者用といった

幅広い製品があります。

 

私が仕事で使っているのもこの「クリザール」です。

 

華の精

 

パレス化学株式会社の製品。

 

元々は工業用潤滑剤の会社なので

抗菌剤などの化学製品が得意分野。

 

プリザーブドフラワーを作る

薬品等も販売しています。

 

美咲

 

「美咲」を販売しているOATアグリオ株式会社は、

オロナミンCやポカリスエットでおなじみの

大塚製薬の元グループ企業です。

 

「美咲」の特徴は、

主にバラにターゲットを絞って開発されている点。

 

糖質やその他の成分の配合を調整されているようです。

 

フローラライフ

 

花を挿すスポンジ「オアシス」を販売している

スミザーズオアシス社の製品です。

 

生産者用・流通用・販売店用・消費者用などに分けた

製品を販売しています。

 

コストパフォーマンス比較

これらの製品は、

一般的に1回分あたり10~20円程度で使用できます。

 

花束の価格と比較すると、

非常に経済的な投資と言えるでしょう。

 

また、大容量のものや、

さらにコストを抑えることができます。

 

これらの延命剤を使用することで、

花の寿命を通常の2~3倍に延ばすことができます。

 

大切な花を長く楽しむために、

ぜひ試してみてください。

 

まとめ: プロ品質のケアで花をより長くお楽しみください

切り花を長持ちさせるには、

適切なケアと「魔法の水」を使用する必要があります。

 

自家製の方法も手軽ですが、

効果と安全性の面で限界があります。

 

一方、市販の切り花用延命剤は、

科学的に設計された成分により、

最も効果的かつ安全に花の寿命を延ばすことができます。

 

プロの花屋さんが市販の延命剤を選ぶ理由は、

その効果の確実性と使いやすさにあります。

 

適切な濃度で使用し、

定期的な水替えを行うことで、

花の美しさを長く保つことができます。

 

さらに、適切な水切りや花瓶の清潔さ、

最適な環境づくりなど、

基本的なケアを併せて行うことで、

その効果を最大限に引き出すことができます。

 

大切な人からもらった花束や、

特別な日のフラワーアレンジメントを、

できるだけ長く楽しみたいものです。

 

品質のケアをすることで、

花との時間をより長く、

より豊かに過ごすことができるでしょう。