PR

カスミソウの切り花:花束やアレンジの名脇役。臭いのが難点。匂いの原因と対策はあるの?

カスミソウの切り花:花束やアレンジの名脇役。臭いのが難点。匂いの原因と対策はあるの? 切り花図鑑

小さくて可愛らしい小花が

細い枝先にたくさん咲くカスミソウ。

 

どんな花材とも不思議とマッチしてしまい、

花束やアレンジメントの脇役として

なくてはならない存在です。

 

花屋さんのなかには「カスミソウは時代遅れ」

という思いもあるのですが、

 

お客さんの間では「花束にはカスミソウがなくっちゃね」

という声も多く、根強い人気は変わりません。

カスミソウの切り花、飾り方や日持ちは

カスミソウの切り花:飾り方や日持ちは?

カスミソウの切り花は、

他の花を引き立たせる脇役として

使われることが多いです。

 

バラやカーネーションはもちろん、

ユリのような大きなお花に合わせても

素敵な花束になりますね。

 

また、

スカビオサやブルースター・チドリソウなどの

草花と合わせても

フワフワした感じを強調した

花束やアレンジが仕上がります。

 

ただし、あまり多く使いすぎると

まとまりが悪くなり

ボテッとした印象になってしまいますので、

枝を間引いたりしてバランスを整えてください。

 

カスミソウの切り花の日持ちは

5日~1週間ほど、

2番花が咲くことを考えると

もっと長持ちしますね。

 

また、カスミソウは

ドライフラワーとしても楽しめる花材です。

 

ドライフラワーにする場合は、

花が傷んでしまってからではなく、

まだキレイに咲いている状態で乾燥させたほうが

出来栄えのよいドライフラワーになります。

 

カスミソウの水揚げ方法、管理の注意点

カスミソウの切り花:水揚げや管理方法

カスミソウは比較的水揚げが良い花材です。

また最近では、花屋さんに届くまでの

流通過程でも水に浸かった状態で運ばれることが多くなりました。

 

ですから、

購入したカスミソウを飾る際には

少し茎を切り戻すだけで充分水が揚がります。

 

しかし、

蕾をキレイに咲かせるためには

切り花用の延命剤を使用することをオススメします。

 

飾る場所については、

他の花と同様に

涼しくてエアコンなどの風が直接当たらない

場所に飾ってください。

 

茎に着いているたくさんの小花は

下から順番に咲いてくるので、

枯れるのも下から順番に枯れてきます。

 

枯れた花をそのままにしておくと、

咲いている他の花の寿命を短くさせてしまいます。

 

傷んだ花はそのままにせずに、

摘んで取り除くのが長持ちさせる秘訣です。

 

カスミソウは臭い!原因と対策は?

カスミソウの切り花:匂いが臭い

カスミソウは、

見た目はとっても可愛らしくて上品な花なのですが、

実は匂いが臭いのをご存知でしょうか?

 

仕入れてきたばかりの

数十本まとまったカスミソウの匂いは、

例えるならばトイレや汗・加齢臭などに

近いかもしれません。

 

肥料が残っているのかなとも思える

独特な臭気を放っています。

 

この臭いについて調べてみると

以下の論文を見つけることができました。

 

臭うのはメチル酢酸という脂肪酸が原因で、

花が咲くのに伴って臭いの成分が作られるということです。

 

Gypsophila属4品種 (Gypsophila elegans Bied. ‘コベントガーデンマーケット’, G. paniculata L. ‘ブリストルフェアリー’, ‘ゴラン’ および‘ユキンコ’) の花序から発散される悪臭をヘッドスペース吸着 / ガスクロマトグラフィー (HA/GC) 法により分析した. ‘ブリストルフェアリー’ の花序から発散されている主要な揮発性物質としては, オシメン, メチル酪酸 (3-メチル酪酸 (イソ吉草酸) および2-メチル酪酸), エタノール, n -ヘキサノールが同定され, このうちメチル酪酸が悪臭の原因物質であるとみなされた. ヘッドスペース中の揮発性物質組成は品種によって異なった. いずれの品種ともオシメンが検出され, その比率が最も大きかった. メチル酪酸の発散量は‘ブリストルフェアリー’, ‘ゴラン’で最も多く, ‘ユキンコ’で少なかった. 一方, 悪臭のしない‘コベントガーデンマーケット’からは, メチル酪酸の発散は認められなかった. また, メチル酪酸は, ‘ブリストルフェアリー’の未開花段階の花序では発散がなく, 開花に伴って徐々に発散量が増加し, 満開時 (開花4日後) に最大の発散量に達した.

引用:園芸学会雑誌/74 巻 (2005) 2 号

 

最近では品種改良や臭いを抑える薬品なども

開発されてきたようで、

臭いの強いカスミソウは少なくなってきました。

 

しかし「カスミソウの匂いは臭い」

ということを覚えておいて損はありません。

 

一般的には、

まさかカスミソウが臭いなんて思いませんから、

臭いの正体がわからずに戸惑ってしまいますからね。

 

大量のカスミソウを飾るときには

換気の良い所に飾ったほうが無難です。

 

カスミソウの花言葉

カスミソウの花言葉は

「清い心」「無邪気」「夢見心地」

 

カスミソウの基本データ

別名:霞草
分類:ナデシコ科ジプソフィラ属
原産:ヨーロッパ、中央アジア
サイズ:40~100センチ程度
花サイズ:小
販売価格:150~500円
出回り時期:通年

※コチラの本を参考にしています。

 

まとめ

カスミソウは花束やアレンジメントの名脇役です。

 

他の花を引き立てるのに

カスミソウほど便利な花材はありません。

 

特に日本人には好まれているようです。

外国の花束などを見ると

あまり使われていないように思われます。

 

日持ちも良く長く楽しめます。

ドライフラワーにするのも比較的簡単です。

 

ただし「カスミソウは匂いが臭い」ということは

覚えておきましょう。

 

ほとんど臭わないカスミソウが主ですが、

万が一妙な臭いがしていたら、

それはカスミソウかもしれませんから…