春の切り花:お花屋さんで買えるオススメはこれ!草花から枝ものまで

お花屋さんで買える春の切り花花の豆知識

暖かな春になると多くの植物が芽吹き花を咲かせます。お花屋さんに並ぶ切り花も種類が増えて賑やかになります。

また、春は卒業入学を始め様々な行事でお花が使われますので、より一層お花屋さんの店頭は華やかなお花でイッパイになりますね。

今回は、お花屋さんで春の定番として扱われる切り花をまとめてみました。

春を代表する切り花

春の草花や球根系の切り花は、日持ちがよく長持ちするものが多いです。また、パステルカラーや香りの良いものが多いのも特徴です。

 

チューリップ

チューリップの切り花が出回る時期

お花に興味がない人でも絵を書いてもらえば「ヒマワリ」か「チューリップ」になるんじゃないかな~ チュリップといえば、そのくらいポピュラーなお花ですよね♪

春の花壇に咲いているイメージが一番強いかもしれませんが、チューリップは切り花としても春を彩る代表選手です。

>>詳しくは【切り花図鑑】チューリップの記事で…

スイートピー

スイートピーの切り花の特徴、飾り方

スイートピーの切り花は、淡いパステルカラーなど花の色が豊富で春らしい雰囲気を演出できるので、卒業や入学の花束やアレンジメントにもよく使われます。

スイートピーの多くは春に出回るのですがお花屋さんの店頭には年末から並び始めます。少し品種の違う宿根スイートピーはサマースイートピーとも呼ばれ、春以外にも年間通して楽しむことができます。

>>詳しくは【切り花図鑑】スイートピーの記事で…

アネモネ

アネモネの切り花の飾り方

カラフルで薄い花びらに見える部分は実はガク、中心の黒っぽく見える部分が花です。そのすぐ下に着いているフリル状の葉っぱもアネモネの特徴です。

名前はギリシャ語の「風」を意味する「アネモ」から来ています。ギリシャ神話にもよく登場するお花で、その内容から花言葉には怖くてネガティブなものも多いようです。

>>詳しくは【切り花図鑑】アネモネの記事で…

ナノハナ

ナノハナの切り花、水揚げ方法と管理の注意点

ナノハナとはアブラナ科の花の総称。切り花で使われる「ナノハナ」はチリメンハクサイを改良した品種で葉っぱが縮れているのが特徴です。

黄色い花と黄緑色の葉っぱのコントラストが綺麗な春を代表する草花です。年が明けると花屋さんの店頭で見かけることがお多くなり春の訪れを感じることができます。

>>詳しくは【切り花図鑑】ナノハナの記事で…

フリージア

フリージアを日持ちさせる水揚げ、管理方法

可憐なお花が弓なりに咲き茎のラインが綺麗なフリージアは水揚げや管理も楽で日持ちも良い花材です。

そして何より特徴的なのは香りが強いこと。最近では香りが抑えられた品種も出回っていますが、フリージアを飾るのならば素敵な香りを楽しんでほしいと思います。

>>詳しくは【切り花図鑑】フリージアの記事で…

キンギョソウ

キンギョソウ(スナップ)の切り花:日持ち・水揚げ方法・花言葉・長持ちさせる飾り方

キンギョソウ(スナップ)は、真っすぐに伸びたボリュームのある花なので、大きなアレンジメントを作るときにラインを形作るのに重宝する花材です。

ストックと花姿が似ているので見間違うこともありますが、香りはストックほど強くなく衝撃にも強いので扱いは容易です。

カラーバリエーションも豊富で、特に春先には多くの種類を見ることができます。

>>詳しくは【切り花図鑑】キンギョソウの記事で…

アイリス

アイリスの飾り方

3枚の花びらからなるアイリスのお花は、キリスト教では「三位一体」のシンボルとして聖母マリアに捧げられ、古代エジプトでは信仰・知恵・勇気の象徴とされていました。

ハナショウブやカキツバタなどアヤメ科のお花はどれも似ているのですが、花屋さんで「アイリス」といえばオランダで交配されたダッチアイリス(写真)が一般的です。

>>詳しくは【切り花図鑑】アイリスの記事で…

カーネーション

結婚式からお葬式まで活躍する万能選手

カーネーションは母の日のお花として春のイメージも強いです。

管理も楽で日持ちも良くお求めやすい価格で年中お花屋さんの店頭に並ぶので、家庭使いのお花として人気が高いお花です。

たっぷりのフリルと切り込みの入った花びらが華やかなお花は、カラーバリエーションも豊富で冠婚葬祭のどのシーンでも大活躍です。

>>詳しくは【切り花図鑑】カーネーションの記事で…

春の枝もの

お花屋さんでは草花系の切り花の他にも枝もの(切り枝)も常時売られています。

そんな中でも特に春の枝ものには花の咲くものが多いです。グリーンとしてではなくお花を楽しむために飾られるのが春の枝ものの特徴です。

 

サクラ

サクラの切花:出回る時期や種類

日本の春を代表する花といえば桜ですね。サクラの花は屋外でお花見するだけではなく切り花でも楽しめます。

お花屋さんでは、他の花と同様にサクラも切り花として季節を先取りして売られています。

サクラの切り花は卒業式や入学式などで演台に飾られるのはもちろんですが、ご家庭でも手軽に楽しめる日持ちの良い花材です。

>>詳しくは【切り花図鑑】サクラの記事で…

モモ

モモの切り花の特徴

モモは日本や中国で、邪気を払う力があると古来から信じられてきました。そんな神聖な木であるモモの花はひな祭りには欠かせない花材です。

花屋さんに切り花として入荷するのはひな祭り(3月3日)前の僅かな期間だけ。本来花が咲くのより1ヶ月ほど早く流通するのは生産者さんの努力の賜物です。

>>詳しくは【切り花図鑑】モモの記事で…

コデマリ

コデマリの切り花:飾り方

小さな手毬のような花と優雅な枝のラインが魅力的なコデマリ。

ピンクの桜や黄色のレンギョウなどとともに、花屋さんでは春の枝物の定番です。和風の花にも洋風の花にも合わせやすく、主役にも脇役にもなれる便利な花材です。

>>詳しくは【切り花図鑑】コデマリの記事で…

ミモザ

ミモザを日持ちさせる水揚げ、管理方法

ミモザはパッと目を引く黄色い小花が枝いっぱいに咲き春の訪れを告げる花です。

ふわふわな愛らしい小花はロマンチックな印象で世界中で愛され、フランスで開催されるミモザ祭りも有名ですね。

>>詳しくは【切り花図鑑】ミモザの記事で…

まとめ

お花屋さんの店頭では、早め早めに季節を感じることができて楽しいですよ。枝もので言えば、新春から梅→桃→桜の順で売られていきます。

お花の種類で季節を感じることができるのですが、切り花の場合は季節を先取りして早めに売られていることが多いです。

例えばチューリップやサクラなどは、早ければ年末の寒い時期から売られているのですが、屋外で咲き出す4月頃には切り花で出回る量は少なくなります。

是非、定期的にお花屋さんを覗いて季節感を味わってみてくださいね♪

コメント